茶杓の銘【6月】茶碗・茶入に 暦・行事・歳時記

蛍とホタルブクロお茶の基礎知識

6月によく使用される銘と、茶道とのかかわりの深い行事を勉強して、銘に対する理解を少し深めていきます。

茶杓などにつけられる銘には気候や植物、年中行事が深く関わっています。

どんな意味の銘なのか、という疑問もあると思いますので少し解説を付けています。

銘は茶杓だけではなく、茶碗や茶入さらにはお菓子などにもついていますので、お茶のお稽古の時の問答の参考にしていただければと思います。

お土産訴求
スポンサーリンク

6月によく使われる銘 

  • 虹    にじ
  • 蛙    かわず カエルのこと
  • 鵜舟   うぶね 鵜飼に使う舟
  • 青梅   あおうめ まだ未熟の梅
  • 蛍    ほたる
  • 蛍籠   ほたるかご 蛍を入れて鑑賞する
  • 蛍狩   ほたるがり 蛍を見に行くこと
  • 沢辺蛍  さわべのほたる
  • 守山   もりやま 近江の蛍の名所
  • 真菰   まこも 水辺に生える 真菰神事も
  • 沢瀉   おもだか 水辺に生える
  • 鮎狩   あゆがり 鮎をとること
  • 早瀬   はやせ 瀬で人の気持ちを例えたりする
  • 滝津瀬  たきつせ 激しく流れる浅瀬
  • 養老   ようろう 養老の滝 歌枕
  • 布引   ぬのびき 布引の滝 歌枕
  • 泉声   せんせい 泉の音、滝の音
  • 緑苔   りょくたい 緑の苔
  • 氷室   ひむろ 氷を貯える室 謡曲にも
  • 清流   せいりゅう
  • 夏月   なつづき、かげつ 夏のこと
  • 夏山   なつやま 青々と茂る山
  • 漁火   いさりび 魚を寄せる船の上の焚火
  • 夏水鶏  なつくいな 夏に渡来するヒクイナ
  • 苔衣   こけごろも 苔を衣にたとえて
  • 洗心   せんしん 聖人以此洗心
  • さざ波  さざなみ 細かにたつ波 漣
  • 五月雨  さみだれ 梅雨のこと
  • 山の端  やまのは 山の稜線、空に触れるところ
  • 石清水  いわしみず 岩から湧き出るキレイな水
  • 苔清水  こけしみず 苔を伝わり流れるキレイな水
  • 山の井  やまのい 山の湧水がたまったところ
  • 奥入瀬  おいらせ 青森の渓流、景勝地
  • 茅の輪  ちのわ 夏越の祓でくぐる
  • 夏神楽  なつかぐら 夏越の祓に行う
  • 舟遊び  ふなあそび 納涼のために舟を出した 船遊山
  • 空梅雨  からつゆ 梅雨にほとんど雨の降らないこと 
  • 水無月  みなづき 陰暦六月の異名 菓子の銘にも
  • 破れ傘  やぶれがさ
  • 衣替え  ころもがえ 6月になると単衣を着る
  • 夏の露  なつのつゆ 夏の朝露が涼しげ
  • 短夜   みじかよ 夏の短い夜
  • 青田   あおた 稲の青々としている田
  • 飛泉   ひせん 滝のこと 飛瀑
  • 水簾   すいれん 滝のこと
  • 安居   あんご 僧が夏に籠って修行する 夏安居、夏行
  • 雨雲   あまぐも 光悦の茶碗の銘にも
  • 荒南風  あらはえ 梅雨の盛りに吹く強い南風
  • 白南風  しらはえ 梅雨明けの頃に吹く南風
  • せせらぎ 浅瀬などに流れる水の音
  • 夏の海  なつのうみ 水を湛えていかにも涼しげ 夏の湖
  • 河原涼み かわらすずみ 京都の川床 床涼み
  • 夏座敷  なつざしき 葭戸や網代などで涼しくした座敷
  • 水団扇  みずうちわ 岐阜の水をつけて使う団扇
  • 白糸   しらいと 滝など細く白いものをたとえる
  • 七変化  しちへんげ アジサイの異名 四葩、八仙花、手毬花
  • 夏木立  なつこだち 夏の生い茂った木立
  • 涼一味  りょういちみ

夏ですので、やはり水の関係する銘を使うと涼しげになります。

また、蛍はいかにも夏の風情で、香合や茶碗などに蛍が描かれた道具も多いです。

この季節に似合う”鮎”の解禁はほとんどの地域で6月に行われ、鮎の絵が待合の床に掛けられたりする季節です。

6月の銘 旧暦六月の異名

六月の異名を知っておくと、銘を考えるときの参考になりますので、どんな異名があるのか勉強してみましょう。

  • 水無月   みなづき ”水が無い”ではなく「水の月」の意
  • 水月    みなづき、すいげつ
  • 青水無月  あおみなづき 青葉が茂ることから
  • 常夏月   とこなつづき 常夏は「なでしこ」のこと
  • 風待月   かぜまちづき 風が恋しい季節
  • 松風月   まつかぜづき 風を待つ(松)月の意
  • 未月    びげつ、ひつじのつき
  • 建未月   けんびげつ
  • 季月    きげつ 
  • 伏月    ふくげつ
  • 涼暮月   すずくれづき、りょうぼげつ 暮れの涼しい月
  • 蝉羽月   せみのはづき 羽のように薄い着物を着る月
  • 鳴神月   なるかみづき 雷の多い月の意味 鳴雷月
  • 季夏    きか 夏の最後の月 晩夏ばんか
  • 極暑    ごくしょ 極暑月
  • 溽暑    じょくしょ 蒸し暑いことから
  • 長夏    ちょうか 日の長い夏
  • 夏越しの月 なごしのつき 夏越の祓が行われる月

陰暦六月は梅雨の明ける月ですが、現在の6月は梅雨に入る月なので異名にすこし違和感があったりします。

陰暦六月の水無月は初旬には梅雨で、ほとんどの期間は夏真っ盛りというイメージが正しいのかなと思います。

そして、陰暦では四、五、六月が夏ですので、水無月は夏の最後の月でもあります。

【6月の銘】二十四節季・七十二候 雑節・行事

暦や行事は銘をつける際にとても参考になります。

6月の暦と行事について少し詳しくなりましょう。

6月の二十四節季と七十二候

  • 麦秋至 むぎのときいたる 5月31~6月4日頃

芒種 ぼうしゅ 6月6日~20日頃

芒(のぎ)のある植物の種をまくというところからの名前

  • 蟷螂生 かまきりしょうず 6月5日~9日頃
  • 腐草為蛍 くされたるくさほたるとなる 6月10日~15日頃
  • 梅子黄 うめのみきばむ 6月16日~20日頃

夏至 げし 6月21日~7月6日頃

昼の時間が一年で最も長くなり、夜が最も短くなる

  • 乃東枯 なつかれくさかるる 6月21日~25日頃
  • 菖蒲華 あやめはなさく 6月26日~30日頃
  • 半夏生 はんげしょうず 7月1日~6日頃

雑節と茶道で出てくる6月の行事・歳時記

衣替え ころもがえ

6月になると単衣の着物を着るようになります。

かつて宮中では更衣といって陰暦四月一日に夏服にしていました。

氷室の節会 ひむろのせちえ

陰暦六月一日、宮中で氷室の氷をこの日に食べる行事がありました。氷の朔日(こおりのついたち)

江戸時代になると、庶民は氷の代わりに氷餅などを食べました(氷室の節句)。

入梅 にゅうばい

暦としての入梅は太陽黄経が80°の時、もしくはその日。

かつては「芒種のあとの最初の壬(みずのえ)の日」など色々な説がありました。

現在は気象庁が梅雨入りを宣言します。

御田植祭 おたうえまつり

伊勢神宮、伊雑宮(いざわのみや)の御田で6月に行われる、豊作を祈念する神事。

農作業を模擬的に行うことが中心になっている。

全国の寺社でも行われるが、日程はそれぞれ異なっている。

夏越の祓 なごしのはらえ

6月の晦日、罪や穢れを祓い清め厄災から逃れるための神事が夏越の祓です。

夏越の祓の時に茅の輪くぐりを行っている神社も多いです。

茅の輪は8の字を描くように3回潜ってから参拝します。

夏越神事六月祓ともよばれます。

茶杓の銘【7月】茶碗・茶入などに 暦・行事・歳時記
7月によく使用される銘と、茶道とのかかわりの深い行事を勉強して、銘に対する理解を深めていきます。茶杓など茶道具につけられる銘には気候や植物、年中行事が深く関わっています。銘や年中行事を道具の取り合わせのヒントにすることがで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました