茶杓の銘【1月】暦・行事・歳時記 茶入・茶碗にも

お茶の基礎知識

茶道のお稽古で茶杓や茶入、茶碗の銘に困ることがあると思います。

どんな銘をつければ良いかわからない方は参考にしていただけると嬉しいです。

ちなみに、日本では1873年(明治6年)から新暦になり、旧暦との差が1か月以上あったりもします。

ここでは新旧暦ひっくるめて1月によく使われる銘を挙げます。

スポンサーリンク

1月によく茶道で使用される銘

  •   長寿を寿ぐ
  •   恵比寿様
  • 蓬莱  蓬莱山のこと 仙人の住むところで不老不死のイメージ
  • 千歳  長い年月のこと 縁起の良い言葉
  • 御降  おさがり 元日や三が日の間に降る雪や雨のこと
  • 宝船  初夢でみると幸運の定番
  • 丹頂  丹頂鶴のこと ”鶴は千年”の長久のイメージ
  • 若水  元旦の朝に初めて汲む水
  • 老松  長い年月の繁栄を表す
  • 神楽  神事に関連して
  • 高砂  能の演目 長寿、繁栄を寿ぐ 夫婦円満
  • 若菜  7日に若菜を摘み七草粥を食べる行事がある
  • 大福  村上天皇が正月にお茶を服されたことから(王服茶、皇服茶)
  • 初霞  新春の野山にたなびく霞
  • 万歳  長い年月 正月の門付け芸の一つ 太夫と才蔵の万歳
  • 千秋万歳 せんしゅうばんぜい 永遠、永久 せんしゅうばんざい
  • 萬々歳  万歳の強調した表現 これ以上なくめでたい感じ
  • 初音  ウグイスがその年はじめて鳴く声
  • 春駒  正月の門付け芸の一つ 馬の頭の形の玩具
  • 緑毛  りょくもう 亀に藻がついた様子 長寿の象徴
  • 初鶏  はつとり 元旦の朝に東天紅を告げる鶏
  • 初鴉  はつがらす 元日に鳴く鴉 金烏 太陽の象徴
  • 常盤  いつまでも変わらない岩やその様子 とこいわ
  • 常盤草  ときわぐさ 松の異名
  • 久木草  ひさきぐさ 松の異名
  • 福の神  七福神など、福をもたらす神
  • 懸想文  正月に懸想文売りが売り歩いたお札
  • 嫁が君  正月三が日の間にネズミの忌み言葉
  • 不老門  不老長寿を願い置かれた門
  • 三番叟  五穀豊穣を祈り感謝をささげる狂言方が行う神事の舞 (三番三)
  • 長熨斗  長く伸ばした熨斗アワビ 祝儀に添える
  • 破魔弓  魔除け厄除け 射礼に由来するといわれる
  • 突羽根  正月にする羽根つきに使用する
  • 青海波  平穏、平和が長く続く様子を表す
  • 不老仙  いつまでも続く悠久のさま
  • 四海波  波がおさまり、国家の平和を寿ぐ
  • さざれ石 細かい石が長い年月をかけて大きな岩になったといわれる
  • ゆずり葉 新葉が出てから古い葉が落ちることで繁栄の象徴

一月にはとにかくおめでたい銘が並びます。

一月の銘の特徴としては、鶴や亀などに代表される”長く続くさま”を表現した、繁栄を表す言葉が多いと思います。

ながーい歴史とか、ずーっと続くとか、ご長寿というのは目出たいということですね。

また、正月に毎年行われる定番の行事に関連した銘もありますので、行事関係も後ほど勉強していきます。

1月の銘 旧暦正月の異名

陰暦(旧暦)の一月の異名を紹介します。

一月を違う呼び方で表現することによって銘にすることもできます。

新暦で1月になっても、旧暦ではまだ12月の場合がほとんどですが、そこはあまり気にしないで良いかもしれません。

ほとんどの現代の日本人は旧正月で正月を祝ったりしませんので。

  • 睦月    むつき
  • 元月    がんげつ
  • 太郎月   たろうづき
  • 端月    たんげつ
  • 寅月    いんげつ、とらのつき
  • 建寅月   けんいんげつ
  • 子日月   ねのひづき
  • 年端月   としはづき
  • 初月    しょげつ
  • 初春月   はつはるづき
  • 初空月   はつそらづき
  • 初花月   はつはなづき
  • 初見月   はつみづき
  • 早緑月   さみどりづき
  • 霞初月   かすみそめづき
  • 暮新月   くれしづき
  • 太簇・大簇 たいそう 
  • 孟春    もうしゅん  

などなど、調べればきりがないほどに月の異名が存在します。

ちょっとひねった風流な異称を調べてみるのも面白いかもしれません。

1月の銘 二十四節季 七十二候

1月にある二十四節季、七十二候、などの暦をみていきます。

暦は銘をつけるときにも暦は役立ちますし、二十四節季などをそのまま銘にするのもアリです。

1月に来る二十四節季は

  • 冬至  とうじ 
  • 小寒  しょうかん
  • 大寒  だいかん 

二十四節季の中に七十二候が三つずつ入っています

毎年来る暦を覚えておくと、銘を考えるときにとても役に立ちます。

冬至 とうじ 

冬至は年明け前のイメージですが、冬至の末候「 雪下出麦 」が年明け後に訪れるので挙げます。

  • 乃東生(なつかれくさしょうず) 12月22日~26日頃
  • 麋角解(さわしかのつのおつる) 12月27日~31日頃
  • 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 1月1日~1月4日頃

小寒 しょうかん

  • 芹乃栄  せりすなわちさかう   1月6日 ~10日頃
  • 水泉動  みずあたたかをふくむ  1月11日~15日頃
  • 雉始雊  きじはじめてなく    1月16日~19日頃

大寒 だいかん

  • 款冬華  ふきのはなさく     1月20日~24日頃
  • 水沢腹堅 さわみずこおりつめる  1月25日~29日頃
  • 鶏始乳  にわとりはじめてとやにつく 1月30日~2月3日頃

雑節 茶道で出てくる1月の行事

1月に毎年やってくる行事について少し知っておくと、銘を付けるときのイメージをしやすいと思います。

お茶で出てくるイベントを少し勉強していきます。

人日   

1月7日 中国から伝わる人の日の節句 若菜摘みの行事

十日戎  

1月9日~11日 商売の神様の恵比須様のお祭り

小正月  

1月15日 どんど焼き、左義長が行われる

初釜   

新年を祝い正月に初めて掛ける釜(初会、茶湯始、初茶会)

初子の日 

正月最初の子の日 平安時代には小松引きの行事

書初   

正月二日の朝に書く (試筆、吉書)

鷽替え  

菅原道真を祀る神社で行う神事 太宰府天満宮では1月7日

甲子釜  

一月中に”きのえね”の日があると初甲子として釜をかける。

一月の銘をつけるときには、こんな行事があったなとイメージすると少しは付けやすいかもしれません。

実際に寺社などで行事に参加するととてもイメージしやすくなると思います。

茶杓の銘【2月】暦・行事・歳時記 茶入・茶碗にも
茶杓などにつけられる銘には暦や年中行事が深く関わっています。2月によく使用される銘と、この時期に茶道とのかかわりの深い行事などを勉強していきます。現在は新暦なので、旧暦の二月の行事を新暦3月に行うようになったものも多いので...

コメント

タイトルとURLをコピーしました